たまひの切り身

趣味の釣りの釣行記などのをつらつら…

湾フグ竿自作の部品を買ってしまった…

①は、湾フグ竿もっておらずテウシーダで湾フグ釣りしてました。
やっぱり専用竿あった方が良いよな〜と思う今日この頃、先日の釣行でも、ステルスで餌がなくなっていた時があり、取れていないアタリ結構あるのでは?と思ってました。

湾フグ竿は穂先がかなりやわらなくないとアタリ取れない気がします。テウシーダと同じメーカーのグローボも穂先かなり柔軟でした
ホバリング得意やから、落としている最中でも食べるで〜

tamahi-channel.hatenablog.com
tamahi-channel.hatenablog.com

以前マルイカ竿作る為に、お邪魔した藤沢釣具の社長さんとお話しした時も、フグはマルイカと違って、穂先が柔軟で穂持ちからバットも比較的柔軟な方が良いと言ってたなぁ〜と思って、藤沢釣具に相談しに行ってきました!

www.freeplan.co.jp

同じくロッドビルドパーツのお店のサバロさんでも、穂先は柔軟な感じが良さげな感じでした。 ICHTHYIC船小物ロッドシリーズ - 釣道楽屋SABALO

お店に着いて、しばしブランクを物色…。湾フグの穂先を聞いてみると、マルイカの時にはなかった湾フグ用のチタン入り穂先が入荷してました。

かなり柔軟で良い感じです。
穂先を挿す側の保持ちからバット部分も、マルイカと比べるとだいぶ柔軟ですね。
長さはそのまま作ると、180cm前後、湾フグXとかと同じくらいの長さですね。

と、目処つけるだけだったのですが、社長さんと話をしていると、ドンドン商品開けて仮組したり実際に削ったりしてくれちゃったりするので、結局思い切って一式買う事に!

藤沢釣具の社長さんと話していると、思わず商品買ってしまう…

という事で、マルイカはノーマルグリップにしましたが、今回は前後セパレートのスケルトングリップにして、パーツを色々アドバイスしていただき、ガイドも一式購入しちゃいました。

購入物一式
購入物一式

理想をいえば、チタンガイドにして軽さ追求とか色々ありましたが、まだ慣れていないので、標準的なモデルです。

チタンにするとガイドだけで1万円〜なので中古の竿から拝借するのも有りかもです。

総重量は大体90g弱になりそうです。もう少し軽くしたかたとですが、バット部だけで70gあるのであまり軽くはならなさそう。
サバロの湾フグ用ブランクは 41g なので、同じパーツなら、60g位でできそうですね。こちらも気になる。

材料一式の重さ
材料一式の重さ
湾フグXとほぼ同じ重さですね

材料かって舞い上がっていたのか、フィニッシングモーターやら、エポキシコート剤やら必要なの忘れてまし。(今回はちゃんとコーティングしたいので)

穂先今回はちゃんと塗装しようと思うので、蛍光ピンクで色塗ろうと思っとります。これも買ってこないとですね。

スレッドは蛍光イエローが良いのですが、EZスレッドでは色ないのでどうしようかな?

つづく