たまひの切り身

趣味の釣りの釣行記などのをつらつら…

当ブログは釣具の紹介に一部アフィリエイト広告を利用しています

マルイカ(小網代)釣りには行った気がするのだけど…

マルイカ釣りに行った気がするのだけど、船は探索で、あっちこっち移動が多くてウロウロ、投入してもすぐ上げてばかりで、釣りした気がまったくしなかった

釣行データ

  • 釣り物 : マルイカ
  • 日 付 : 2024年5月18日 06:30-13:30
  • 船 宿 : 小網代 大和丸
  • 潮 汐 : 若潮
  • 釣 果 : ①が6杯 、②が 3杯

当日のタックル

① のタックル

  • ロッド : サクラ 金剛激まるいか168
  • リール : シマノ ステファーノSS
  • ライン : PE0.8
  • 仕掛け : 直ブラ2本、直結3本、オモリ50号

② のタックル

  • ロッド : ダイワ メタリアマルイカマルチ145 ⇔ サクラ 金剛激まるいか168
  • リール : シマノ ステファーノ ⇔ ベイゲーム151
  • ライン : PE0.8
  • 仕掛け : 直ブラ3本、直結2本、オモリ50号




0350到着 誰もいないけど、左右ミヨシ、トモどちらも埋まっている
休憩…
0530 受付
0619出船
少しだけうねり
0640 城ヶ島西沖?到着 探索
0645 55 空振り
0657 更に移動、城ヶ島南?
0705 60 0 0
0720 66 0 1
0745 移動
0800 亀城根?到着
0805 40 0 0 キューバ
0855 1 0
0925 0 1
0939 45 1 1 ムギ
1115 65 1 0

マルイカ(葉山)なんとか浅場マルイカで二人してツ抜け

前回の浅場マルイカがとても厳しい結果で、①にいたっては3杯と撃沈して、とても消化不良だったので、再度いっちゃいました。

前回の釣行↓
tamahi-channel.hatenablog.com

富士山
富士山が綺麗

釣行データ

  • 釣り物 : マルイカ
  • 日 付 : 2024年5月10日 06:40-14:00
  • 船 宿 : 葉山あぶずり たいぞう丸
  • 潮 汐 : 中潮
  • 釣 果 : ①が22杯、②が 14杯

出船準備

今回も前日に釣座取りに葉山港まで行き、山本船長の船の右舷側釣座を確保。2艘出船なので片舷5名ほどでゆったりと釣りできそうです。

当日は5時前に到着し、すでに駐車場が開いていたので誘導に従って駐車、今回も奥でしたが海側に面した箇所でした。

真ん中の一番奥だと最後まで車出せなかったりするので良かった?

30分ほど休んでから荷物おろして船に移動。
記入した釣座に移動すると、釣りの準備しているお方が…

お話聞くと右舷側に記名したとのことでしたので、受付に確認しに行くことに。

受付は既に開いていたので、乗船手続きしつつ釣座確認すると、私たちの方が正しかったので、河村船長さんが説明しに行ってくれました。

受付して状況お聞きすると、スッテは4本をお勧めされました。

釣座に戻り、仕掛けの準備です。持参した仕掛けはスッテ5本でしたが、山本船長のお勧め通り、4本に減らして臨みます。

毎度のスターティングスッテ

駐車場に到着する時間帯は寒かったですが、日が出てくると少し暑いくらいに…

次第にお客さん増えて、2隻片舷5名ずつ位になりました。

実釣

06:40頃に山本船長さん来られて人数揃ったので出船です。
すぐに名島到着して第1投です。

名島の鳥居
名島の鳥居
ドキドキ

着底して叩いたら、ふっと軽くなり、いやーな予感であげたら、一番上のスッテから下が全ロストしました。

どうやら、スッテフックが一部長さ足らずな物だった様で、外れた模様。

ダイワのスッテフックの不良品
ダイワのスッテフックの不良品
ダイワのスッテフック時たまこういったフック入っているので、注意はしていたのですが…

①が仕掛け作り直している間に、②は1杯ゲットです!

マルイカ
名島での②さんの本日初イカ

その後すぐ名島は見切って秋谷沖まで移動して、秋谷沖〜長井沖を探索しつつ投入を繰り返す感じでした。

秋谷沖2投目で、①も1杯ゲット

とりあえず顔みれてホッとしました

その後9時頃までは、ぽつぽつと顔見出しますが、連チャンする流しはなく、イカのご機嫌はあまり良くないみたい。
その後は、11時頃までは二人とも追加なく、ちょっとまったりムードに…

叩き方変えても、棚変えても、待ち時間変えても、スッテ色々試しても、イカ触ってくれない〜
マルイカマルイカ
途中経過のオケ

11時過ぎに再び名島に戻って、最後まで名島を流しました。
ここでは、朝と違ってポツポツ顔見れて、次第に連チャンも出だしました。

12時過ぎは大流しで、プチフィーバータイムになり、一気に数増やせました。

②さんは、金剛激つかったりメタリア使ったり道具に迷っている感じでしたが、最終的には金剛激でポツポツあげてました。

ただ、大流しだと叩いて止めて、巻き落とししての繰り返しで、大分疲労が溜まってしまって、暑さもあってヘロヘロに。

腕が痛い〜

フィーバー後は、再びポツポツモードになりましたが、スナップ開いてオモリだけロストしたり、二人とも根がかかりでスッテロストしたり、トラブルの多い日でした。

やはり、細い糸で捨て糸作るか、トレッタみたいにオモリだけ取れる様にしたりしておいた方が良いですね。浅場マルイカ

マルイカ釣果
②さんの釣果、①のは撮影し忘れ

良かった所

  • 久々に二人してツ抜け

悪かった所

  • 大流しで疲れちゃう
  • 根掛かりロストが多い

当日のタックル

① のタックル

  • ロッド : サクラ 金剛激まるいか168 (ウエイトバランサー付き)
  • リール : シマノ ステファーノSS
  • ライン : PE0.8
  • 仕掛け : 直ブラ2+直結2、オモリ30号

② のタックル

  • ロッド : サクラ 金剛激まるいか168 ⇔ ダイワ メタリアマルイカマルチ145
  • リール : シマノ ステファーノ ⇔ ベイゲーム150
  • ライン : PE0.8
  • 仕掛け : 直ブラ3+直結1、オモリ30号



0450到着
0515船に
スッテは3から4 本で良いとのこと
0655準備完了
暑い
0635 出船
0640 到着 名島
0645 全ロスト
0650 0 1
0655 移動
0705 秋谷沖
0715 1とう
0720 1 1
周りは連れてるけど全然あたり無い
0740 1 0
0745 1 1
0815 1 0
08401 0
0920 ジリジリ長いまで移動
0950 佐島から秋谷に移動
1105 名島に戻る
1125 0 2

1150 20

マルイカ(葉山)やる気のないイカに撃沈(写真少なめToT)

先日の初浅場マルイカがいまいちな結果(でも船長さん曰く、このコンディションでツ抜けなら上等とのこと)でしたので、また行ってきました。

前回の釣行

tamahi-channel.hatenablog.com

葉山あぶずり港
葉山あぶずり港

船宿

taizoumaru.seesaa.net
山本船長は一見強面ですが、話せば気さくですよ。

釣行データ

  • 釣り物 : マルイカ
  • 日 付 : 2024年5月4日 06:40-14:00
  • 船 宿 : 葉山あぶずり たいぞう丸
  • 潮 汐 : 若潮
  • 釣 果 : ①が3杯 、②が 5杯

出船準備

今回も前日に席を取りに港へ、今回は船長さんがいらしたので状況聞くと、潮が澄んじゃって全然ダメだったとのこと。
明日は良いかもしれないので、気を取り直して釣座確保

翌日は 05:00前に到着しましたが、かなり車並んでいて、駐車場所は中間の一番奥になってしまいました。

05:15に準備して船に移動。今回は二人とも4本スッテで開始です。

毎度のスターティングスッテ

釣り準備終わってのんびり、②さんは常連さんの、よしさん、桑田くんに突撃。

常連さんの、桑田くんとよしさん

実釣

06:40ごろに出船して、すぐに減速して、逗子海岸沖から探索開始

出船後と金剛激まるいか168


すぐに投入合図でるも、見切って名島に移動

名島
名島

17mで、①が、マイクロゲットも後が続かず、手前まつりしてリーダーから作り直し…

状況はかなり厳しく、船中もポツポツな感じで全然続かず、二人して、タタキ方変えたり、空合わせのタイミング色々試したり、スッテを色々変えたりしましたが、状況変わらず

08:30ごろ長者ヶ崎側に移動

ここでは、②さんがポツン、ポツンと4杯あげましたが、やっぱり続かず。

ミヨシのよしさんも、ポツポツで続かない感じです。

12:00少し前に、再度名島に移動。

ここでは二人して根掛かりが多くて、ほぼロスト2回ずつやってしまって、お気に入りスッテがなくなってしまった…

1杯ずつ追加しましたが、そのまま最後まで盛り上がらず終了でした。



良かった所

  • 顔見れただけでも…

悪かった所

  • アタリ待ちすぎて根掛で仕掛けロスト

当日のタックル

① のタックル

  • ロッド : サクラ 金剛激まるいか168
  • リール : シマノ ステファーノSS
  • ライン : PE0.8
  • 仕掛け : 直ブラ1本+直結3本、オモリ30号

② のタックル

  • ロッド : サクラ 金剛激まるいか168
  • リール : シマノ ステファーノ
  • ライン : PE0.8
  • 仕掛け : 直ブラ3本+直結1本、オモリ30号

根掛かり対策

二人とも浅場まるいか、根掛かりが多いの忘れてました。
オモリが無くなるはしょうがないとして、スッテ全ロストはかなり痛い。

カワハギでも気になっていた、根掛かり時オモリだけ取れる下記みたいな製品導入してみようかな〜


前日関取 澄んでてダメダメ
0445 到着だけどかなり車並んでる
0515 船に移動
0540 受付
2さんは常連さんと談笑中
0638 出船
0642 zusi海岸沖で探索
0645 15 0 0
名島に移動
0655 17 1 0
0730 手前祭り(泣)
0835 長者がさきへ
0850 0 1
0920 1 0
0940 0 1
1030 0 2
1146 移動名島?

通常ロッドにウエイトバランサーを追加する方法

船竿でウエイトバランサー?

誰でも簡単にゼロテンキープ

長い間マルイカロッドで、ケイノンテウシーダを愛用していました。

使い始めた当時は、右肩の腱板損傷で肩が痛くて動かせず、腕全体を使ったゼロテンキープが無理な状態でした。
そんな時、ウエイトバランサー搭載したケイノンテウシーダは、軽く保持するだけで、ヤジロベエの原理で簡単にゼロテンキープできて、当時非常に助かり、そのままずっと愛用していました。

当時は肩が、本当痛くて眠いれない程でしが、腕下げた状態でも+誰でも簡単にゼロテンキープできます

重心が手元に

タックルが軽いと楽は楽ですが、同じ重さなら重心は握っている手元の方が、感覚的に軽く感じますし、操作も楽になります。

重心が手元より先だと、手首に負担がかかってしまって疲れちゃいます。

極端な例だと、トンカチは重心が先なので、とても重く感じますよね?逆向きに持つと軽く感じるw

常にアクションするジギングロッド等は、バランサーついているロッドが多いのはその為です。

置き竿でアタリ待つ釣りは不要ですが、常に手持ちの、マルイカ、カワハギ、湾フグ等はバランサーあるとバランス良くなって楽になる場合もあるかも?

ウエイトバランサー追加手順

必要な部品

ウエイトバランサー用オモリか、板オモリ

バットエンドにつけるオモリです。
私はテウシーダのオモリが沢山あるのでそれを使いました。
ない場合は、板オモリ等をぐるぐる巻き付けて円状にすると良いかも?

椅子のシリコン製のキャップ

椅子の足に被せるシリコン製のキャップでつけたい竿のエンド部が入るサイズを購入します。
私は100均で手に入れましたが、Amazonなどでは下記アタリがサイズちょうど良さそうですが、沢山は要らないな…

固定用テープ

脚用キャップだけだと、緩い場合があるので、テープ類で止めた方が安心。
普通のテープだと外した時に糊が残ったり、使っているうちに糊
でベトベトになったりすので、自己融着テープで止めました。

自己融着テープ、キャップ、オモリ
自己融着テープ、キャップ、オモリ

調べると今は、赤や白、黄色もあるのですね。一時的に穂先目印とかつけるのも良さそう

私はこれも100均ですが、通常商品だと下記が良さそう。ニトムズだし。

手順

マステで、付けたいオモリをエンドに仮止めして重心を見る

ゼロテン用の場合は、リールのレベルワインド付近では、バット側が重く、リール付近で丁度バランスが取れる位にすると良さそう。

私の場合は、テウシーダのウエイト1枚で丁度良かったです。
板オモリの場合は、幅を1/2〜1/3にして🌀巻きにして量調整するのが良さそう

脚用シリコンキャップにオモリをイン
シリコンキャップにオモリ
シリコンキャップにオモリを入れます
ロッドに装着してテープで固定

シリコンキャップをロッドのエンドに被せてはめて、自己融着テープを巻き付けて固定します。

自己融着テープはテープ同士でないとくっつかないので、一部重なる様に巻いていきます。
自己融着テープで固定後
自己融着テープで固定後

ちょっと不恰好だけどできました。
自己融着テープは素材には付かないので、ゴムを切れば綺麗に外せるのが良いですね。

実践での感想

先日の葉山で実践で使いました。
リールを軽く摘んだり、手のひらに軽く乗せておくだけで自動でセロテンキープできてとても楽です。

金剛激まるいかでも、問題なくゼロテンできました!
常に同じテンションでゼロテンできるので、アタリの感覚も掴みやすいです!

私の様に肩痛い人、初心者さんでゼロテン難しくてできない〜って方ぜひお試しくださいー

マルイカ竿にまた迷った結果、金剛激まるいか168がやってきた(2本)

マルイカ竿に迷っていると記載しましたが、頭禿げる位悩んでいる最中に、サクラ金剛激まるいかの前モデル「サクラ金剛激まるいか168」を中古で見つけてしまい、思わず二人ともゲットしちゃいました。

あほじゃの〜

tamahi-channel.hatenablog.com

サクラ金剛激まるいか168

サクラ金剛激まるいか168 は、現行の「サクラ金剛激まるいか160 零天国」の前モデルの様です。

スペック

  • 長さ:168cm 2ピース
  • 重さ:79g
  • 仕舞:115cm
  • オモリ:30~50号

サクラ金剛激まるいか160 零天国のスペックは

  • 長さ:160cm 2ピース
  • 重さ:86g
  • 仕舞:114.5cm
  • オモリ:30~60号

以前は、168と170深と2本のバリエーションだった様ですが、今は零天国1本のラインナップとなっていますね。
スペック的にも、零天国の方がオモリが60号まで背負える様になり、若干自重が増えています。

2ピースで、グリップから穂持ちまでがカーボン、穂先はグラスメインでトップ20cm程度が、チタン素材となっています。

実機レビュー

すでに先日実践デビュー済でした。

tamahi-channel.hatenablog.com

操作性

ゼロテン状態だと、チタン部はラインに沿って真っ直ぐしたを向き、グラス部が良い感じで曲がってテンションを保つ感じです。

ノーマルの状態でも、重心が先に行きすぎる事もなく、手元に近いところに重心があるので、持った感じも軽く操作もとてもしやすいです。

私の金剛激まるいかは、バットエンドにウエイト付けて重心をリールより後気味にしているので、軽く保持するだけでゼロテンキープできますー
私のはノーマルだけど、ゼロテンはキープしやすいです〜
アタリの見え方

チタン穂先のスレッドが蛍光ピンクなので、日中でも見やすいです。

チタンは無塗装なので、まるで渓流釣りの脈釣りの目印みたい

グラス部も柔軟なので、マイクロのパンチや、震える様なアタリもバッチリ見えます!

前回の最初の1杯は、100円ライターサイズのマイクロでしたが、アタリ見えました。

テウシーダの穂先だと取れなかったかな?
乗り感

藤沢釣具の自作キットや、アルファソニックの158XULみたいな穂もちがガチガチの棒みたいなロッドと違って、穂もちは少し柔らかめ。

なので、乗り感的には不利ですが、先日の葉山で、マイクロ一度釣って感覚掴んだあとは、乗り感区別できる様になりました!

オモリ50号の中深場は試してないけど、乗り感大丈夫では?と思っています。

まとめ

いやー、金剛激まるいか 尖った凄い竿

極端に自作穂先に近づけて、気を緩めるとすぐに破損しちゃう程、おかげで、自作穂先と同じくらいアタリが見えます!

金剛激まるいか168の穂先
金剛激まるいか168の穂先
こんな竿、大手メーカーでは作れないですね(アルファでも無理だな…)

誰でもにはおすすめできないですが、使いこなせばかなり釣果アップできそうですよ

現行モデルも既に店頭在庫ないみたいなので、そろそろ次モデルかな?

この竿にハマると、手放せなくなるかも?