たまひの切り身

趣味の釣りの釣行記などのをつらつら…

アサリの剥き方:たまひのやり方

たまひのアサリの剥き方です。
アサリの剥き方って、意外に詳しく説明されている記事見かけなかったので、書いてみました。

参考になるかは?ですが

tamahi-channel.hatenablog.com


写真で順を追って記載しまする。

必要な道具

  • 貝用ナイフ

パレットナイフや、カッター等でも代用できますが、専用品かった方が遥かに楽にできますので、購入をお勧めします。

代用するならパレットナイフかな?でも値段変わらんから買った方がストレスないざんす。

うちのはこれだけど、チョット使いづらい

  • ザルとケース

100均などで、丸いザルとボールのセット等、私らは豆腐の水切り用ケースを使っています。専用品として売られている物とほぼ同様な形式

専用品はこれが近いかな?

手順

アサリをカーブがなだらかな方を体側に持つ

なだらかなカーブの方が水管ですので、私らは、そちらからナイフを入れます。

アサリ剥き方1
アサリ剥き方1
なだらか側は殻が薄いから逆からを進めている記事もありますね。

ナイフを親指側の殻に沿わせて刺し、下と上の貝柱を切る

差し込んだナイフを、下→上*1とスライドして貝柱を切ります。

アサリの剥き方2
アサリの剥き方2
最初は中々ナイフが入らないけど、慣れると入る様になります

貝を開く

貝柱を切ると、アサリの殻がすんなり開くので、開いたら同様殻に沿う様に身の下にナイフを入れる

アサリの剥き方3
アサリの剥き方3

上の貝柱を切る

ナイフをスライドして、上の貝柱を切ります

アサリの剥き方5
アサリの剥き方5

下の貝柱を切る

そのままナイフを下にスライドして、下の貝柱を切ります

アサリの剥き方4
アサリの剥き方4

身を取る

両方の貝柱が切れると、きれいに身が取れます。

アサリの剥き方6
アサリの剥き方6
慣れるとクルリンパと取れます

剥いたアサリは、容器にまとめておきます*2

アサリの剥き方7
アサリの剥き方7

保存方法

翌日使うのであれば、飽和食塩水等に落として密閉して冷蔵で、暫く使わない場合は水分を切ってから海水で洗って塩で〆て同じく冷蔵です。
どちらの保存方法でも、食塩だけだったり、味の素使う方が居たり、バクバクソルトやアミノソルト 激旨などの、釣り用の製品使う方が居たり、皆さん工夫されていますね

うちらは、塩メインでバクバクソルトを少し入れていま〜す

あとは釣りにGO!

あとは当日持参して、カワハギ爆釣しましょう!
カワハギは、生の剥き身の方が釣れる!いや冷凍と変わらない!など皆さん色々意見ありますが、この過程も楽しんでみてはどうでしょう?

個人的には生の方が鉤に刺しやすくて使い易いです

*1:逆もOK

*2:容器は100均の豆腐切りケース