たまひの切り身

趣味の釣りの釣行記などのをつらつら…

カワハギ集寄 潮の影響も少なくアタリも邪魔しない(と思う)シモリ玉による集寄

前回の釣りで使った、シモリ玉を使った集寄の説明です〜
シモリ玉集寄
シモリ玉集寄

試してみたキッカケ

シモリ玉集寄を試したキッカケは、先日も記載した通り昔海のボート釣りにはまっていた時期に買ったムックに、カワハギの達人さんがシモリ玉の集寄を紹介されていたのがキッカケでした。

この本ですね。

記事の集寄

記事には、実際にダイバーに確認してもらったら、シモリ玉にカワハギが一番興味を持ったという事も記載されていて、気になっておりました。

紹介されていた集寄は、シモリ玉3つの上下に2〜5号の中通しオモリをそれぞれつけ、その上下にゴム管つけて、爪楊枝で止める重装備?な方式でした。

下手なので、中オモリが重くなりすぎるのは避けたいな〜

たまひ式シモリ玉集寄

たまひ式と書くほど大げさな事じゃないですが、普通のウキ釣りの様に、シモリ玉を幹糸に通して、ウキ止めで止めるだけです!

そのまんまじゃないの〜
シモリ玉集寄カワハギ仕掛け
シモリ玉集寄カワハギ仕掛け

下のウキ止めは無くても大丈夫ですが、ケミホタルつけれる様に糸を長めに残してつけていますー

色々やると、わけわからなくなるぞ!

ウキ止め糸は、ユニノットの要領で幹糸に4回以上巻いてキツく締めてはOK

たまひ式シモリ玉集寄のメリット?

  • 浮力が小さいので誘いの邪魔にならない。
  • 潮受けも板状の周期と比べると少ない。*1
  • カワハギのアタリへの影響も少ない。*2
  • 位置を変えられる。
  • 浮くので、他の集寄の様に仕掛けが中オモリ状態にならない。
  • 中オモリをつけて弛ませた時に、シモリ玉は浮くのでそこでもアピールできる。
個人的にはメリットしかない集寄だと感じるとです

中オモリつけて弛ませても浮いているので、アピールできるのは他の集寄にはないメリットかな?と思います。

シモリ玉集寄を中オモリで弛ませた状態
シモリ玉集寄を中オモリで弛ませた状態

前回の釣行の結果から

前回舳除く、右舷で私だけ5枚でその他の方は0~2枚だったので、そこそこ寄せる効果はあったのでは?と思っています。
tamahi-channel.hatenablog.com

まとめ

私らの様に、カワハギ初心者さんで、集寄が気になるけど、アタリ取り辛くなるのは嫌だな?という方にはお薦めです。
逆に集寄に潮を受けさせる釣りをされる場合は向いてなかな?と思います。
仕掛けは市販品で自分で直すのは面倒という方にもチョット向いてないですね。その場合はホログラムシールが良いですね。

引き続きこのシモリ玉使ってみたいと思います〜
私も使ってみようかな…

*1:ホログラムシールよりかは受けます

*2:中通しなのと浮力が小さいからだと思います